リラックスできる

今は電気を使えば何でもできる時代です。しかし、それに逆行して薪ストーブを使うことも流行っているのです。生活に遊び心がある人が使うことが多いですが、これを使えばリラックスを得られます。

詳細はコチラ

自分で綺麗にする

部屋のインテリアを綺麗に整えることがファッションの一種になっています。既成品を使うことも大事ですが、DIYで収納やおしゃれなインテリアを作ることもできます。寸法など細かい調整ができるのが魅力です。

詳細はコチラ

賢く購入する

インターネットを使って照明器具を購入できる時代です。通販ではじつにいろんな種類のものがあり、ネットであれば一挙に値段を検索することができます。また、器具を宅配してくれるのも魅力です。

詳細はコチラ

薪ストーブの魅力

シンプルなものからオシャレなデザインのものまで多数のカーテンが取り揃えてあります。イメージ通りの商品が見つかるはずです。

灯油や電気が必要なく、広範囲に暖まります。

薪ストーブのメリットは灯油や電気が必要なく、広範囲に暖まることです。災害時に燃料が手に入らなかったり電気が止まっても、薪と火があれば暖をとることができます。また薪ストーブは暖房機能のほかにも、なべややかんを置いて野外調理をすることもできますので、いざという時にはたいへん重宝する暖房器具です。ところで薪ストーブの価格は機能性のほかにも、暖房面積によって価格が変わってきます。例えば10坪から15坪の面積の暖房能力のある薪ストーブの場合は、約3,000円位から8,000円位の価格で購入できます。しかし30坪から50坪と広範囲の暖房能力があるものは、約十数万位の価格になります。暖房能力が広範囲になると価格も高くなりますが、エアコンと比べると割安感があり、また電気代もかかりませんので経済的であるといえます。ただし薪ストーブを使用する場合は煙突工事をする必要がありますので、どちらかといえば一般家屋での使用よりも作業場や小屋などでの使用が適しているといえます。

薪ストーブの歴史について。

ところで世界最古のストーブは今の薪ストーブの原型ともいえる鋳物製のストーブが、紀元前100頃に中国に既に存在していたという記録があります。このようなストーブが登場する以前は主に囲炉裏が使用されていました。しかし囲炉裏は燃焼率が100%でも、室内に煙が充満するといった問題点がありました。そこで現在のような形のストーブとして変遷していったのは、およそ10世紀から15世紀の間だといわれています。最初はフードをつけて煙を室外に出す工夫がされていましたが、一緒に熱も逃げ出すなどの問題が生じることで試行錯誤が続けられてきました。その結果近年のように煙突をつけることで煙だけが室外から排出され、熱は室内に残るという薪ストーブの暖房システムが作り出されたのです。

大きな家具を選ぶ

食器棚は家族が複数いる家庭になるととても大きくなる傾向にあります。このため、通販で購入して宅配してくれるサービスが助かるのです。店舗には無いデザインが選べることもあります。

詳細はコチラ